リフォームをしたいと思ったら
「こんな風にできませんか。こういうものはありませんか。」と尋ねて下さい。
 はじめは新しく快適だった住宅も時が経つにつれ、古くなり修繕が必要になったり、生活のスタイルと合わなくなるなどいろいろな問題が起きてきます。そこで大切な住いを長持させ、心地よく住み続ける為にリフォームを思いついては如何でしょうか。




suittisiki samuta-n



《建物の老朽化》 建物の耐用年数に大きく係わります。
 内外装のひび割れ、色あせ、ゆがみ、雨漏り、雨樋の不具合
屋根や外装は、メンテナンスの時期を誤ると下地に影響し、引いては構造躯体を痛めてしまうことになるので注意が必要です。


《新しい製品・技術》 利便性、快適性が向上します。
 住設 最新型設備に交換



 省エネ 建物の断熱化


 室内環境 新建材や熱交換換気システム
 

 防犯対策 不審者の部屋への侵入を防ぐ



《家族の変化》 間取や設備に手を加えることで新しい生活に対応します
 子供の成長・独立、親との同居などライフスタイルや家族構成の変化、高齢化などにより身体機能が低下した場合の日常生活の不便・不自由さに対応します。