棚橋工務店
シックハウス症候群に負けないために 1
2003.7.1
 化学物質過敏症はごく微量の化学物質に対して過敏に反応してしまう症状を言い、特に最も多いと見られているのがシックハウス症候群です。室内の建材や家具、日用品に含まれるホルムアルデヒド、VOC(揮発性有機化合物)が室内に発散され、目の痛み、頭痛、吐き気などの不快な症状を引き起してしまいます。建物の高気密化が進みいろいろな新建材が用いられ、換気も不足がちになる事などが原因とされています。そこで、シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるために、建築物に使用する建材や換気設備を規制する建築基準法の改正が行われました。
ホルムアルデヒド:液化したのがホルマリンです
1ホルムアルデヒド対策3つ
特定建材 制限あり

特定建材 制限無し
対策1
 居間や玄関、廊下に用いる内装仕上げ(内装材及び下地材)に使用するホルムアルデヒドを発散する建材の面積制限をしています。具体的には、床、壁、天井の面的な部分。ドア、襖などの建具類、造り付け収納の表面材、住設の表面材になります。
 ホルムアルデヒドを発散させる恐れのある建材が17種類の特定建材として定められました。発散される量が少ない順にF☆☆☆☆〜F☆の4つの等級が付けられ、使える面積が床面積のに対する割合で示されます。
 洗面台やキッチンセットなど複数の材料の組合わせで構成されている製品は、内部仕上部分の材料と等級、下地部分の材料と等級の明細を併記した表示方法で示されます。
換気回数


 面積制限の規制対象外になる部分もあります。柱などの軸材、巾木、廻り縁、窓枠、敷居、長押などの造作部材、建具の枠や障子、部分的に使用する塗料や接着剤です。ただし露出面積が、室内面積の1/10を超える場合は、面的な材料と見なされ面積制限の対象になります。
等級の表示

topnext